院長ブログ

お問い合わせはこちら

top_tel_sp.png メールはこちらから

2018.12.01更新

今月のお得な治療情報は➡➡こちらをクリック

院長と直接やり取りできる無料メール相談は➡➡こちらをクリック

大好評のウルトラセルQプラスの症例写真は➡➡こちらをクリック

上眼瞼のたるみ治療の症例写真は➡➡こちらをクリック

院長の佐藤です。

今日、なんと、5時に起きて、豊洲市場のごはん食べるところに行ってきました。

5時半にゆりかもめに乗ろうとしたらなんと!ほぼ満員でした・・・

仕入れの人から見学、ごはん食べに行く人でいっぱいでした~

(・・;)

それでもっていざ飲食街にいくと、すでに1か所だけ30人くらいならんでいました・・・

すごく混んでいるというのは聞いていたのですが、まさか5時台でこの長蛇の列とは・・・

カードが使えないということで手持ちが少なかったので今日はカレーにしました。

でも独特な味ではまりそう~

(・∀・;)

さて、今日は最近お問い合わせが増えている上眼瞼の若返り術(眉下切開法)の経過をアップします。

8か月目ですが、いい感じですね。

モニターを拒む方が多いのでアップできる写真が少ないのですが、こんな感じでお写真に協力いただければモニター大歓迎です。

12

34

眉下切開法はトラブルが少なく、自然な形でまぶたのたるみを解消できます。

切る手術の中では比較的多い施術ですね。

比較的ダウンタイムの短い手術ではありますがそれでも腫れ・内出血2週くらいは出るので要注意ですね。

お休みがある程度取れる方には最適です。

年末はダウンタイムが取れる絶好の器械ですのでこの機会にされる方も多いです。

瞼のたるみが気になる方、いつでもご相談くださいね~

今回の費用

眉下切開法による上眼瞼のたるみ除去術

モニター 22万+消費税

合併症にも必ず目を通してくださいね。

・腫れ、内出血(2週くらいで自然になります)

・左右差

・違和感、つっぱる

・傷が残る

・皮膚の軽度の凹凸(いずれ馴染む)

などが挙げられます。

無料メール相談も気軽に使ってくださいね~

明日は11時から12時50分まで保険診療をやっていますが、美容の手術や相談は13時から承れますので

下記の無料メール相談を使ってご連絡下さいね~

上眼瞼のたるみ治療の症例写真は➡➡こちらをクリック

院長と直接やり取りできる無料メール相談は➡➡こちらをクリック

今月のお得な治療情報は➡➡こちらをクリック

5

テレビで高嶋ちさ子さんが湘南美容クリニックでたるみ治療器HIFU(ウルセラ)を受けて~~

というテレビ番組がやってまして、当院のウルトラセルQプラスとウルセラ、何が違うのかというと効果は同じくらいかもしれませんが、

痛みが格段に違うのと費用を抑えて施術ができる、というものです。自分もあの痛みには耐えられませんでした・・・

あとはウルトラセルQプラスは今年2月に出たばかり最新機種、ウルセラは5~6年前の器械、といったところでしょうか。

テレビではウルセラを25万円以上でやっていましたが、ウルトラセルQプラスは当院ではモニターで10万+消費税でやらせていただいております。

#豊洲

#豊洲佐藤クリニック

#ウルトラセルQプラス

#HIFU

#ハイフ

#高嶋ちさ子

#湘南美容クリニック

 

投稿者: 豊洲佐藤クリニック

2018.05.12更新

院長の佐藤です。

今日は天気が良かったですね~

こんな日はシミ・肝斑が悪化しますので徹底的にケアしないとですね。

あとケガも要注意ですよ~特に小さいお子ちゃま達!

嬉しくて走り回って転んで…というのがこの時期特に増えるので親御さんたちも気を付けましょうね~

さて、今日は眉下切開法による上眼瞼のたるみ切除の経過をアップしますね。

↓瞼のたるみが強く、無意識のうちに眉毛を挙上してしまっています。

1

↓術後1.5か月目。眉毛の力が自然にぬけていて、黒目の部分も少し大きくなりました。

2

眉下切開法はトラブルが少なく、自然な形でまぶたのたるみを解消できます。

切る手術の中では比較的多い施術ですね。

瞼のたるみが気になる方、いつでもご相談くださいね~

今回の費用

眉下切開法による上眼瞼のたるみ除去術

モニター 22万+消費税

合併症にも必ず目を通してくださいね。

・腫れ、内出血(1~2週くらいで自然になります)

・左右差

・違和感、つっぱる

・傷が残る

・皮膚の軽度の凹凸(いずれ馴染む)

などが挙げられます。

比較的ダウンタイムの短い手術ではありますがそれでも腫れ・内出血は出るので要注意ですね。

気になる方は無料メール相談も使ってくださいね~

大好評の無料メール相談はこちらからどうぞ

投稿者: 豊洲佐藤クリニック

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY