目元・二重

お問い合わせはこちら

top_tel_sp.png メールはこちらから

極細の針で瞼表面と瞼裏面に局所麻酔をして、瞼表面に小さい針穴を2か所開けて、髪の毛より細い糸で二重を作成していく方法です。

切らないので、腫れや痛みが少なく、簡単なメイクなら翌日からのメイクも可能です。

手術時間は15分程度です。

万が一気に入らなかった場合も、元に戻すことが可能です。

1点留めはすぐ緩んだり、二重のラインが元に戻りやすいのでラインの修正などに使用することが多いです。

カウンセリングにて、ご希望の二重の幅のシミュレーションなど、ご相談させていただきます(元々の目の形状から、希望のラインが出せる方と出せない方がいますのでその点はカウンセリングでしっかり説明させていただきます)。

局所麻酔だけ少しチクっとしますが、あとは痛みはほとんどありません。

2~3日は泣いた後のような軽い腫れが出ますが、1週間くらいすると馴染んできます。
軽い腫れが出るとご希望の幅よりも広く感じられます。
まれに内出血が出る場合がありますが、1~2週間で消えていきますので、翌日よりメイクで隠していただきます。

小さい針穴も2~3週間くらいでほぼ目立たなくなってきます。

料金表はこちら

極細の針で瞼表面と瞼裏面に局所麻酔をして、瞼表面に小さい針穴を3か所開けて、髪の毛より細い糸をかけて二重を作成していく方法です。
糸どうしを瞼の中でクロスさせて糸が緩みにくくなるように工夫しております。
切らないので、腫れや痛みが少なく、簡単なメイクなら翌日からメイクも可能です。
手術時間は20分程度です。

万が一気に入らなかった場合も、元に戻すことが可能です。
 通常の2点留めよりも腫れにくく、ラインが取れにくい方法です。当院ではこの方法をスタンダードな二重埋没法としております。

カウンセリングにて、ご希望の二重の幅のシミュレーションなど、ご相談させていただきます(元々の目の形状から、希望のラインが出せる方と出せない方がいますのでその点はカウンセリングでしっかり説明させていただきます)。
局所麻酔だけ少しチクっとしますが、あとは痛みはほとんどありません。
2~3日は泣いた後のような軽い腫れが出ますが、1週間くらいすると馴染んできます。
軽い腫れが出るとご希望の幅よりも広く感じられます。まれに内出血が出る場合がありますが、1~2週間で消えていきますので、翌日よりメイクで隠していただきます。
小さい針穴も2~3週間くらいでほぼ目立たなくなってきます。

料金表はこちら

韓国式二重術マルチプル法

極細の針で瞼表面と瞼裏面に局所麻酔をして、瞼表面に小さい針穴を6か所開けて、髪の毛より細い糸をかけて二重を作成していく方法です。

この方法は、院長の佐藤が、韓国に何回も出向いて習得した韓国でスタンダードな埋没法です。
糸どうしを複雑にクロスするように糸を入れていくのでもっとも二重のラインが取れにくい方法です。
日本でもこの方法で埋没法をされているクリニックは増えてきています。
切らないので、腫れや痛みは少ないですが、スタンダードクロス法よりは腫れが出るリスクは少しあるかもしれません。
簡単なメイクなら翌日からのメイクも可能です。
手術時間は30分程度です。
万が一気に入らなかった場合も、元に戻すことが可能です。

カウンセリングにて、ご希望の二重の幅のシミュレーションなど、ご相談させていただきます(元々の目の形状から、希望のラインが出せる方と出せない方がいますのでその点はカウンセリングでしっかり説明させていただきます)。 
局所麻酔だけ少しチクっとしますが、あとは痛みはほとんどありません。
2~3日は泣いた後のような軽い腫れが出ますが、1週間くらいすると馴染んできます。

軽い腫れが出るとご希望の幅よりも広く感じられます。
まれに内出血が出る場合がありますが、1~2週間で消えていきますので、翌日よりメイクで隠していただきます。

小さい針穴も2~3週間くらいでほぼ目立たなくなってきます。

料金表はこちら

切開式二重術

瞼の皮膚のたるみが強い方には最適な二重手術です

局所麻酔を瞼の表面に注入して、余分な皮膚を切除して、余分な組織を切除して、二重を形成していきます。

皮膚を髪の毛より細い糸で縫合するので抜糸が必要になります。

腫れ・内出血は3~4週間くらいかかります。

最初は腫れが強く出るので左右差が強く出る場合がありますが、腫れが引いてくるとだんだん左右差は改善されてきます。

2~3か月するとかなり自然な形になります。

切開した傷は6~12か月で目立たなくなります。

切開法は腫れ・内出血が長く出るので仕事などがある方は日程をよく調整して頂く必要があります。

料金表はこちら

切らない眼瞼下垂術

加齢やコンタクトレンズの長期使用で瞼を持ち上げる筋肉が伸びてしまって、かつ切開式眼瞼下垂手術のように腫れ・内出血が長く出てしまうような手術は受けられない、という方には最適です。

瞼の裏側をごく細の針で麻酔をして、髪の毛より細い糸で瞼を持ち上げる筋肉を縫縮する手術です。

時間は片目で10分くらいです。

腫れ・内出血は出ないことがほとんどですが、まれに少しだけ泣いた後のような腫れが出てしまうこともあります。

片目だけが眼瞼下垂になっている方で、簡単に治療したい、という方には最適です。

料金表はこちら

切開式眼瞼下垂術

瞼を持ち上げる筋肉のゆるみが非常に強く、切らない眼瞼下垂手術でも対応できない場合はこの手術の適応になります。

局所麻酔を瞼の表面に注入して、余分な皮膚を切除して、余分な組織を切除して、瞼を持ち上げる筋肉を短くして縫合しなおすという手術です。

皮膚を髪の毛より細い糸で縫合するので抜糸が必要になります。

腫れ・内出血は3~4週間くらいかかります。

最初は腫れが強く出るので左右差が強く出る場合がありますが、腫れが引いてくるとだんだん左右差は改善されてきます。

2~3か月するとかなり自然な形になります。

切開した傷は6~12か月で目立たなくなります。

料金表はこちら

目頭切開術

目頭切開術は、目の内側の目頭部分にある、蒙古ヒダという皮膚の余りを切除する手術です。

蒙古ヒダが多いと目と目の距離が離れて見えたり、本来の目より小さく見えたり、眠たそうな印象を与えてしまったりします。

目頭切開をすることによって目の横幅を広くすることができ、切れ長な印象を与えたり、華やかな印象を与えたりパッチリとした印象を与えることもできます。

二重の手術を併用することによってより一層華やかな印象を与えることもできます。

ごく細の針で局所麻酔を瞼の表面に注入して、余分な皮膚を切除して、髪の毛より細い糸できれいに縫合します。

抜糸が必要になります。

腫れ・内出血が軽度出ることもあります。

赤みは最初は残りますが、化粧で十分カバーできます。

傷は2~3か月するとほとんど目立たなくなります。

 

料金表はこちら

目尻切開術

目尻を小さく切開することで切れ長な印象を与えることができます。

目尻切開だけでは極端な変化は出にくいこともありますが、目頭切開と併用することでさらに切れ長な目にすることができて、華やかな印象を与えることができます。

ごく細の針で局所麻酔を瞼の表面に注入して、目尻を数ミリ切開して、髪の毛より細い糸できれいに縫合します。

抜糸が必要になります。

料金表はこちら

上まぶたの脂肪除去術(マイクロカット法)

まぶたの皮膚が分厚い方は、まぶたの脂肪(眼窩脂肪)が多いので、これを取り除くことですっきりした印象を与えることができます。

二重埋没法と併用することでさらに華やかな印象を与えることができます。

ごく細の針で局所麻酔を瞼の表面に注入して、瞼を5ミリ切開して、髪の毛より細い糸で1針だけ縫合します。

抜糸が必要になります。

腫れ・内出血が軽度出ることもあります。

料金表はこちら

眉下切開術(上まぶたのたるみ取り)

加齢により瞼の皮膚のたるみが強い方に適した手術です。

眉毛の生え際に沿って切開するので自然な仕上がりを求められます。

瞼を直接切開するのではないので腫れが最小限です。

抜糸直後は少し傷が目立ちますが、メイクでごまかせます。傷自体は1か月くらいするとかなり目立たなくなります。

極細の針で局所麻酔を切除する眉毛の下の皮膚に注入して、余分な皮膚を切除して、丁寧に縫合していきます。

抜糸が必要になります。

腫れ・内出血は出にくいですが軽度出てしまう場合もあります。

料金表はこちら

目の下のふくらみ除去術(経結膜法)

皮膚の表面を全く切開せず、瞼の裏側の結膜というところを切開して、クマの原因のふくらんでしまっている眼窩脂肪を切除する方法です。

そのふくらみのすぐ下には皮膚と骨が靭帯でしっかりくっついていて溝になっているので、この溝にもオプションとして肌再生FGFや自分の脂肪を注入してあげるとさらに目元のクマの改善が期待されます。

直後よりも1~2日目に腫れ・内出血が出てしまいます。

一週間くらいで腫れ・内出血は改善してきますが、元々の眼窩脂肪の量が多いと腫れ・内出血は強く出ることもまれにあります。

抜糸の必要は一切ありません。

傷も一切残りませんので傷を作ることなく若返りを可能にします。

料金表はこちら

目の下の皮膚のたるみ除去(経皮的法)

目の下の皮膚のたるみが非常に強い方にお勧めの手術です。

下まつ毛の付け根の近くを切開するので傷は目立ちにくいです。

余っている皮膚と余分な脂肪も同時に切除できます。

極細の針で下瞼の切開するあたりを麻酔して行います。

腫れ・内出血は1~2週間できれいになくなります。

傷は2~3週間くらいでかなり目立たなくなります。

料金表はこちら

二重埋没法の糸の抜糸(他院のもの)

埋没法による二重術を行って、万が一、二重のラインが気に入らない場合は、糸を取ることによって元に戻すことができます。

糸がうっすら透けていれば小さい針穴だけで糸を抜くことが可能です。

当院で行った埋没法の糸を取り出す場合は麻酔代の数千円で埋没法の糸を取り出しております。

料金表はこちら